株式取引の分野における世界市場のリーダーのうちの一社です。最新情報や新機軸をすべて手に入れていただけます。 チームに参加しよう - プロフェッショナルと共に進もう

投資する
  • 米国株見通し:米政治リスクなどの後退で買い継続か

    S&P500先物       2751.75(+ 7.00) (18:05現在)ナスダック100先物  7047.50(+29.00) (18:05現在) 18時05分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小高く推移。

    NYダウ先物は80ドル高程度で推移している。

    表示する →

  • 13日の日本国債市場概況:債券先物は152円67銭で終了

    ドイツ国債は0.12%、英国債は1.16%、オーストラリア10年債は2.15%、NZ10年債は2.16%。

    (気配値)[本日の主要政治・経済イベント]・19:00 ユーロ圏・12月鉱工業生産(前月比予想:-0.4%、11月:-1.7%)・22:30 米・1月消費者物価指数(前年比予想:+1.5%、12月:+1.9%)・22:50 メスター米クリーブランド連銀総裁講演(経済

    表示する →

  • 米国市場 本日の注目ポイント3つ:CPI、シスコ、原油在庫

    以下が、今日の米国市場で注目すべき3つのポイントである。

    1. 消費者物価指数(CPI)は上昇予想
    米労働省は、日本時間午後10時30分に消費者物価指数を公表する。

    エコノミストは、消費者物価指数は依然として低調であると予想している。

    1月のCPIは前年比1.5%上昇すると予想されている。

    コアCP

    表示する →

  • 欧州為替:ドル・円は110円65銭から110円77銭で推移

    13日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円65銭から110円77銭で推移している。

    欧州株は全面高で、米株先物も上昇を維持しており、円売りが先行している。

     ユーロ・ドルは1.1313ドル1.1334ドルで推移。

    ユーロ圏の12月鉱工業生産が2カ月連続で落ち込み、ユーロ売りになっている。

    ユーロ・

    表示する →